性病・HIV検査キットに関してよくある質問

motto_std_faq

初めて性病・HIV検査キットを通販する人はいろいろ不安な点もあるでしょうから、性病検査キットに関してよくある質問と答えをまとめました。

Q.性病・HIV検査キットの精度・信頼性は?

A.郵送で送った検体は、病院や保健所と同じく、法律で定められた基準を満たした施設・設備で検査が行われます。

検査方法についても、病院や保健所と同じく、遺伝子や培養・細胞診・血液など各性病に適したものを採用しています。

Q.通販キットでの性病・HIV検査に保険証は必要?

A.病院で性病・HIV検査を受ける場合は保険証を提示しなければなりませんが、このページで紹介しているキットでは保険証の提示は必要ありません。

おまけに、検体の提出(郵送)と結果確認(web上)も匿名でできますから、なんらかの事情で保険証を提示できない場合や誰にも知られず性病・HIV検査を受けたい場合でも、確実に検査を受けることができます。

Q.料金は通販キットと病院、どっちが安い?

A.安さで性病・HIV検査の機関を選ぶなら、各都道府県の保健所が一番です。

なんと言っても無料ですし、地域によっては保険証を提示する必要もなく匿名で受けられます。とはいえ直接保健所へ行くなると、知り合いに会わないとも限りません。場合によっては保健所の職員が顔見知りである可能性もあるかも知れません。

こういった危険を回避できるのが、通販の性病・HIV検査キットです。

とにかく安く検査を受けたい人はお近くの保健所へ、
すでに症状が出ている人は、治療も行える性病科の病院へ行きましょう。

通常、病院で受ける性病・HIV検査は保険適用外。
なので料金は、キットの通販より若干高いケースが多いですが、発症していると検査の段階から保険が適用されるところもあるようです。

Q.症状がないのに性病・HIV検査する意味あるの?

A.性病の中には、痛みやかゆみといったわかりやすい症状が出るものもあれば、自覚症状がなかなか出ないものも少なくありません。

自身が感染していると、パートナーにうつしてしまうだけでなく、不妊や母子感染のリスクもあります。将来、無事に妊娠・出産するためにもタイミングを見て検査しておくといいでしょう。

Q.性病・HIV検査を受ける最適なタイミングは?

A.まだ一度も検査を受けたことがないなら「今すぐ!」が最適です。

性病の中には性交渉とは関係なく感染するものもありますので、経験の有無や頻度に関係ありません。

また、以前に別のパートナーがいた時に一度受けていて、その後パートナーが変わったにも関わらず性病・HIV検査を受けていない場合も「できるだけ早く」受けた方がいいでしょう。

性交渉の相手が複数・不特定多数という人は、その頻度にもよるでしょう。例えば、風俗店では月1回女性従業員の性病検査を行っているところもあるようですので、それを目安にしてはいかがでしょうか。

感染したらすぐ症状が出る性病もありますが、潜伏期間が長いものも少なくありません。感染を拡大しないためにはもちろんですが、早期に発見して治療することは、自分の体を守ることです。

オナニーも性交渉も、元気な体で心底楽しみたいですよね。

とはいえ、「忙しくて・・・」とか「病院に行くの恥ずかしい」という気持ちもわかります。だから当サイトでは、性病・HIV検査キットの通信販売をおすすめしてます。

P.S.ランキングに参加してます。
もしよかったら、応援クリックしてください。
アダルトブログランキング