種類は?値段は?よくわかる大人のおもちゃ初めてガイド女性用


大人のおもちゃを知らない女性は今はもう少ないと思います。

ではその種類はどんなものがある?値段はいくらぐらいで買えるもの??女性がいざ「欲しいな」と思った時に気になる大人のおもちゃの種類や特徴・値段についてガイドします。

大人のおもちゃの基本情報

かんたんに言えば、大人が遊ぶためのおもちゃ。
ですが、子供のころに遊んだおもちゃとは違って、主にセックスや一人エッチ・オナニーの時に使うアダルトグッズのことを指します。

18禁という特性上、販売するには許可が必要ですし、購入できるのも18歳以上。
このため、大人のおもちゃとして堂々と販売している店舗もあれば、ジョークグッズなどアダルトを連想させない名前でこっそり売っているところもあります。

最近は女性向けの大人のおもちゃ販売店が増えてきて、ラブグッズやセックストイなどかわいらしい呼び名も見かけるようになりましたが、すべて大人のおもちゃを指してます。

ちなみに正式名称?は、Wikipediaによると「性具」だそうです。なんかスゴそう。笑

男性用、女性用の区別はある?

肌や陰部に当てて楽しむローターは、男女どちらも手軽に楽しめる大人のおもちゃです。

バイブやディルドなど挿入する系の大人のおもちゃはもともと女性のために作られたものですが、最近はけっこうアナル(お尻の穴)に入れて楽しむ男性もいるみたいですから、女性専用とまでは言えないですよね。

ということは、大人のおもちゃに男性用・女性用のはっきりした区別はないと言えそうです。

が、それでもやっぱり、オナホールだけは男性用かな?

男性用でダッチワイフや空気嫁と呼ばれている大人のおもちゃ“ラブドール”は、クッションみたいな簡素なものから肉感や体毛まで再現されたリアルなものまで、女性用もちらほら見かけるようになりました。

大人のおもちゃ初めてガイド女性用

はっきり区別はないと書きましたが、大人のおもちゃは種類がかなり豊富です。その中でも特に、女性のために作られてる大人のおもちゃにはどんなものがあるのか?ここからはその具体的な種類と特徴・値段について書いていきます。

大人のおもちゃ(女性用)は7種類

女性のための大人のおもちゃは、大きく分けて7種類あります。それぞれの特徴とだいたいの値段は以下の通りです。シンプルでメジャーなものから見ていきましょう。

ローター

元祖ピンクローター
ローターは、ピンクローターが元祖で、モーターの入ったプラスチック製の卵形の球が振動する電動式の大人のおもちゃです。

最近は電マ(電動マッサージャー)みたいなAC電源式で電池切れがなく強烈な刺激のものも人気ですが、これも振動する大人のおもちゃなのでローターに分類していいでしょう。

乳首やクリトリスなど敏感なところにピンポイントで当てて使うのが主流ですが、膣に入れて楽しんでる人もいるようで、使いかたのバリエーションは意外と多いです。

ローターはシンプルな作りのため値段も100円台~と安く、見た目もかわいいものが多いから初めて大人のおもちゃを買う女性も手に取りやすいんですよね。その上、人間には絶対できない振動が刺激的で一度使うとクセになる人続出!な入門アイテムです。笑

バイブ

バイブ
ペニスをデフォルメしたような形で、振動やスイングなどする電動タイプの大人のおもちゃ。正式名称はバイブレーターですが、電動こけしと呼ぶ人もいるようです。

ローターと違って、こちらは主に膣に挿入して使います。

太さや形・長さ、振動やスイングの種類もいろいろありますが、中にはバイブ1本でクリトリスも一緒に刺激できる子機がついてるものや、クリトリス・膣・アナル(お尻の穴)の3ヶ所すべてを1本で刺激できるものもあって、バリエーションはとても豊富です。

最近は、ペニスに見えないスティック型や女性の部屋にあっても違和感のないミルキーカラーやかわいらしい形のものも増えてきたので、女性も手に取りやすくなってきたでしょう。

値段は安いものだと500円程度からありますが、機能や形・サイズ・素材にこだわるなら1~3,000円台のものから選ぶといいでしょう。

ディルド

ディルド
こけしや張形(ハリガタ)と呼ぶ人もいるようです。

バイブと同じくペニスをデフォルメしたような形のものが多いですが、電動タイプじゃないので振動・スイングなどの動きは一切ありません。

ただし、根元に吸盤がついてたり、底面が平らで立てて使えるものがほとんどなので、バイブを使った一人エッチでは難しい騎乗位やバックなどの体位で疑似セックスを楽しめます。

電動タイプの大人のおもちゃと違って、バスルームでも濡れるのを気にせず使えて使用後に水洗いできるのもポイントです。

値段は300円程度~、腕の形をしたフィストサイズのディルドがあるのには驚きましたが、形や大きさだけでなく素材の質感や硬さ・反り方なんかもいろいろあります。

アナルグッズ

アナルグッズ
名前の通り、アナル(お尻の穴)開発するための大人のおもちゃです。

女性はよくわかってると思いますが、膣とアナルはそもそもの作りが違いますよね。だから専用グッズがあります。

値段は500円前後~。

乳首・クリトリス用

乳首・クリトリス用
クリップ・キャップとも呼ばれる乳首やクリトリス用の大人のおもちゃは、ローターのように振動するものもあれば吸いつくようにきゅうっと吸引するタイプもあります。

振動や吸引が電動式になってるものなら安くても1,200円ほど~、シンプルに吸引するだけのキャップなら1,000円以内で手に入ります。

レズビアングッズ

レズビアングッズ
女性二人で遊べてセックスに近い挿入感を楽しめる大人のおもちゃ=ペニスバンドや双頭バイブ・双頭ディルドがこれにあたります。

ペニスバンドはもともと外向きにペニス(バイブやディルド)がついたものを指しましたが、最近は内外両方についてるものもけっこうあります。相手を責めながら自分も感じることができるのはとてもイイですよね。

値段は外向きペニスだけがついたシンプルなペニバンなら1,000円ちょっと~、双頭タイプは1,600円ぐらいからあります。

ラブドール

ラブドールと言えば女性の体の形をしてるものがいろいろ発売されてますが、近ごろは男性のボディを再現したものもあるんですよ。

値段は、ここまで割と安くて手軽に試せそうな値段設定のものが多かったから驚くかも知れませんが、3万円ほど~あって、自分好みにオプションがつけられるリアルな作りのものだと200万円近い値段になるそうです。高い!でも一度見るだけ見てみたい気も…笑

大人のおもちゃ(女性用)の値段はいくら?

上記に書いてきたことをまとめると↓こんな感じ。

ローター:100円台~
バイブ :500円程度~
ディルド:300円程度~
アナルグッズ:500円前後~
乳首・クリトリス用:1,000円以内、1,200円ほど~
レズビアングッズ:1,000円ちょっと~
ラブドール:3万円ほど~

大きさも関係しますが、素材や機能・販売してるお店によっても値段は違います。

欲しいアイテムがすでに決まってるならその品名で検索すると、その時に一番安く買えるお店を見つけることができるでしょう。

大人のおもちゃ初めてガイド女性用まとめ

初めてガイドということでちょっと気合いを入れて、初心者向けの大人のおもちゃ基本情報から、女性用については特に詳しく書いてきました。いかがでしたか?

ローターとバイブを知ってる女性はたくさんいるでしょう。

でも、乳首・クリトリス用に作られたものがあることまで知ってる人は少なかったり、ディルドやアナルグッズはまだ意外とマイナーアイテムなんですよね。レズビアングッズやラブドールに至っては、マニアックだと思った女性もいるかも知れません。

が、大人のおもちゃにはこんなに種類があると知ってほしかったんです。

値段も今回は、初めてガイドだからと最安値を紹介しました。

高価・高機能なものは探せばいくらでも見つかりますが、初心者のうちはシンプルな機能で安いものをいくつか試して自分の好みを探るのがおすすめです。

と、ここまで読んで早速「大人のおもちゃを使ってみたい」と思ってる女性は少なくないでしょうから、続いては大人のおもちゃ販売店ガイドをご覧ください。

気になった大人のおもちゃを「どこで買えるか?」わかりますし、女性が一人で買う場合に購入場所を選ぶポイントも押さえてあります。

最後までお読みいただきありがとうございます。
お楽しみいただけましたら、応援クリックお願いします。
アダルトブログランキング